法人カードとはクレジットカードの一種です

法人カードとは、企業や個人事業主向けに発行されているクレジットカードのことを意味します。使い方は個人が所有するクレジットカードと殆ど同じであり、ただ請求先が個人ではなく法人という点が違います。出張の際の交通費や交際費の支払い、備品の購入など会社で行う業務に関する決済を現金ではなくカードで行います。そうすることで都度の支払いや清算をする経理の手間を省くことが可能です。個人のクレジットカード決済と同様、月締めで請求書が発行される為、決済日までに資金が調達できれば良い等の法人側としてのメリットもあります。ただし、法人の場合は個人に比べて扱う金額が大きい為、万が一にでも企業が倒産し引き落としが不可能な場合には、カード会社の損失も大きくなります。その為カードを作る際に、資本や業績、事業の規模によって利用限度額が違っているのが普通です。

会社経営者はダイナースの法人カードをもとう

会社経営を行なっている人はダイナースの法人カードを持ちましょう。法人カードには様々なメリットがあります。まず、無料で追加のカードを発行してもらえますので社員の支出の管理に便利です。限度額については、それぞれのカードで設定出来ますので自分で使うものは高額に設定しておいて社員分は普段の経費程度にしておくことも出来ますので安心です。また、領収書の提出や処理作業などに人手を取っている場合には、カードを導入することで作業を軽減することが出来ます。また、有料のオプションですが会計ソフトからカードの利用履歴をもとに決算書なども作成出来ますので非常に便利です。また、そのほかのサービスとしてはオフィス用品などを取り扱う会社を会員専用に用意しており、安い値段で購入することが出来るなどといったものもありますので会社経営を行なっている人にはとても便利なカードです。まだ持っていない人はぜひ申し込みをおこないましょう。

ダイナースの法人カードのメリット

ダイナースの法人カードのメリットについて記載します。まず、社員にカードを持たせることで支出の把握に繋がります。領収書などの場合には、偽造を行なう可能性もありますがカードの場合にはそういった心配がありません。また、社員側としても領収書のやり取りなど細かい業務をしなくて済みますので、仕事の効率化に繋がります。また、カードを持たせてもらっているということ自体が社員のモチベーションアップに繋がるという効果も期待出来ます。ここで心配なのが利用限度額ですが、社員分についてもそれぞれ金額を設定することが可能です。自分が持つカードについては、高額な出費がある場合に備えて金額を高めに設定しておくことも出来ます。また、カードを使用した場合にたまるポイントは失効期限がありませんので、欲しいものがあるときに好きなタイミングで商品などに引き換えることが可能なのもメリットの一つです。

コメントは停止中です。