海外渡航が多い会社経営者は法人カードを利用しよう

会社経営を行なっている人で海外への渡航回数が多い人はダイナースの法人カードを利用すると便利です。まず、海外の渡航に関してはカード自体に保険がついていますのでもしもなにかあった場合にも安心です。また、カードの利用によって貯まったポイントを航空会社のマイレージに変換することが可能ですので、飛行機代を安くあげることが出来ます。マイレージへの変換だけでなく、何割か優遇してもらえますので普通のカードで飛行機の代金を支払ったりするよりもずっとお得です。ポイント以外で便利な点は空港のラウンジを使用出来るというメリットがあります。空港によってはVIP専用のラウンジの利用も可能ですので、旅の合間に一息つきたいという人はぜひダイナースの法人カードを利用しましょう。申し込みについては、インターネットからも可能ですのでぜひ利用してみましょう。

ダイナースクラブと法人カードのメリット

ダイナースクラブの法人カードを持っていると、ステータスとしても非常にメリットがあり、普通の法人カードに比べて、信用力も大きくなりますが、法人カード自体があまり馴染みがないというのが一般的なイメージです。具体的には、どのようなメリットがあるかということですが、例えば個人と法人の支出の区別が出来るということがあります。個人が法人成りをしたあとでは、一番困るのが、法人と個人の支出の区別です。このカードがあれば、会社関係の支出は、このカードを使い、個人の支出は個人カードを使うということが出来ます。そうすると慣れてくれば、利用自体がスムーズに使い分けることで、区分けされるということになります。またどちらかわからない時も、一応このカードで利用しておき、あとで分けるようにすれば良いということで、簡単に意識の変化を形に出来ます。

ダイナースクラブと法人カードと経理処理

ダイナースクラブの法人カードの利用ということでは、例えば経理の処理ということでの、建て替えなどを考えなくてすみ便利です。特に個人事業主の場合には、建て替えが多くなり、後で区別するのに非常に不便になります。その手間だけでも、納税時期には煩わしい状況が増えてしまうということになります。また人により経理の知識も違い、全く考えない人から、神経質に考えて区別する人まで様々です。これは体験してみると分かりますが、利用したあとでも、何に使ったかわからなくなるということがしばしばです。しかし法人カードであれば、使用目的や日付なども分かり、特にダイナーズクラブカードのように経理機能も利用出来るということでは、非常に便利ということになります。特に経理担当者は楽になるのではないかということになります。その点もメリットが大きくなります。

コメントは停止中です。